これまでの歴史を知る

駐車場

中古車業界のはじまり

日本初の中古車買取業者が誕生したのは1990年代です。それ以前にも中古車の買い取り自体は行われていましたが、一つの事業としてそこまで確率されてたわけではありません。 初めの頃はディーラーの下取りというシステムで車査定をしてもらい、ディーラーが中古車販売業者に流していたのが現状です。販売業者はオークション形式で業者間取引を行い販売していました。 そして、第二次世界大戦の終了後は自動車登録台数が増えてきたということもあり、平成に入って中古車買取という一つの事業が誕生します。また、この頃よりオークション形式の取り引きはインターネットへと移行していきます。 今や車査定は当たり前のものとなっていますが、その歴史は意外と浅いんですね。

中古車業界は廃れない

自動車登録台数は今のところ増加傾向にあります。一部では若者の車離れが進んでいると言われていますが、それは少なくとも都会に限ったことで、田舎では1人に1台自動車がないと生活はできません。 それを踏まえると中古車業界自体は廃れることはないでしょう。 また、現在は多くの中古車買取業者が存在しているため、買取事業が競争商品となり、業者ごとに買取価格も変わります。それを受け、1社ではなく複数の買取業者に車査定をしてもらうことで高価買取りも期待できるようになっています。 より手軽に、より高値で車査定をしてもらうというのが今の中古車買取ですので、損をしたくないと思うのなら幾つかの買取業者を比較してみることをおすすめします。