業者の見分ける力

おもちゃ

時によっては、事故車を下取りに出す場合もあります。もちろん、業者は下取りに出す自動車が、事故車なのかを査定の際に確認を行います。これを業者がどのように見分けているのか疑問に思う人もいます。見分け方の一つには、ボルト部分です。事故車ではない自動車は、ボルトを触ることはほとんどありませんから、ボルトの角は潰れていません。事故車の場合は、修復の際にボルトを触っていることがよくあります。さらに、ナンバープレートが変な曲がり方をしている場合や板金の跡があることも事故を起こした車だという確率が業者には分かるということが言えます。中古車として購入を検討する際はこれも参考になるため、高くなります。このように事故が原因で、修復したことを見つけるのも事故車なのか見分けることが出来ます。自動車の細かい箇所まで調べ上げることで事故車かを断定することが出来ます。下取りに出す際に、事故の形跡を隠そうとしても、見ぬかれてしまいます。

普通、下取り査定も事故車の場合は大きく関わってきます。どのくらいの事故なのかにもよりますが、修復を行っていても事故を起こしている自動車ですから、他の自動車と比較すると価値は下がってしまいます。また、購入する側も事故車は購入したくないという人は多いことから、結局価値は下がってしまいます。時々、事故を起こした車だということを言わずに下取りを行う人がいます。中古車買取業者は見分け方を知っていますから、すぐばれてしまいます。今後買取った人のことも考えて、正しい行いをしましょう。